3月31日(土曜日)

今年初めての土曜休みが急遽決まり、そして急遽鬼退治に出向く事に致しました。
現地での気温は0度、水温は4度、残雪も結構多く、肝心要のモドキの要塞は雪で塞がれて踏み入る事すら出来ませんでした。
結局あえなく撤退を余儀なくされ鬼退治に行って退治されてきた感じです、やはり早過ぎた駆除の様でしたが、今後に繋ぎます。
今回の日記は写真日記と致しますのでその旨ご容赦下さいネ、目での確認が一番宜しいかと思いましたので。

        尚、当HPでは岩魚の交雑種をモドキと称して載せて有りますので誤解無き様お願い致します。
    この沢に居てはいけない棲息してはいけない雑種の岩魚です、しかも繁殖能力を有している厄介なモドキです。
    叉、この種を釣り上げた方にお願いです、是非釣り上げましたなら連絡を頂けないでしょうか、お願い致します。


 
                     「雪の棚下から出てくれたレギューラーサイズの岩魚君」

 
                          「白泡の中から真っ黒クロ助、でも愛らしい」

 
                         「やはり泡の中から出てくれた岩魚君」

 
                「細い落ち込みの中から錆の残ったレギュラーサイズのモドキです」

 
                             「穏やかな緩みに居ました岩魚君」

 
                      「小さな淵にそいつは居ました、間違いなくモドキです」

          
 「この利根漁協管轄の種沢は再生後の場荒れを考慮し河川名こそ伏せて有りますが、私達釣り仲間以外にも多くの
           釣り人が入っている筈です、是非これを釣り上げたならリリースしないで下さい」


 
                        「反転流から出てきました、カメラ目線の岩魚君」

 
                  「いかにも大物が居そうな淵からレギューラーサイズのガン黒岩魚君」

この後残雪で撤退を余儀なくされ、今シーズン初の鬼退治は取敢えず確認と言う事で次回に続きます。
今日使用しました竿は5.4ズーム、8号岩魚鉤スレ、0.8フロロ通し仕掛け70cm、錘3B、餌ブドウ虫でした。



inserted by FC2 system