8月16日(木曜日、お盆休み中)

今日は鬼退治とモドキの棲息分布状況を把握したいと考えて居りましたが、茨城県よりfuku@jiさん
「徒然釣行記」管理人oldflymanさんのお二方にお手伝いして頂ける事と成りました、心強いです。

午前4時半頃に現地にて待ち合わせ、私達より先にfuku@jiさんは到着されていたようです、合流後oldflymanさんにコーヒーを
入れて頂き目を覚ました処で目的の沢へ向いました、ここでの感想は超渇水し渓魚の動きはまったく有りませんでした。
時折見え隠れする岩魚も鉤には一目もくれませんでした、暫くするとoldflymanさんが手で窪みに居た5cmほどの養魚を
捕まえましたが、残念な事に斑紋の乱れたモドキの養魚でした、水が出ない限り岩魚の動きは期待できない様です。
それから河川名を開示してからゴミの量が多く成っています、マナーは守って欲しいと願います。

 
      [これを忘れた人、持ち帰って下さいネ〜!]                [斑紋の乱れたモドキの養魚]

 
             [例年の水量の魚止め]                         [今回の水量です]

 
         [3人で拾い集めたお宝、2Kgほど]           [スキー場のご好意に甘え、頂上から車上にて撮影]

この沢を後にし、隣接する沢へのモドキ流出は現在確認していますので、この流出が源流域にまで及んでいないか確認する事と
成りました、問題は私有地内を横切る沢への移動です、距離的にも結構有りますので徒歩では諦めました。
私達は現地に行きそこで管理をする担当者の方に事情を話しましたら、活動全てに大変有難い協力を頂く事が出来ました。
スキー場園内移動に専用車を提供して頂き沢への移動がスムーズに行えたのです、帰りにはリフトに乗せて頂き大変貴重且つ
有難い計らいに胸の詰まる思いでした。

 
             [緩みを狙うfuku@jiさん]                     [奇麗な良型岩魚にニンマリ]

 
          [今日は気合が入って居ります]                [連続の良型岩魚に安堵のようです]

 
            [この沢最大の淵にて]              [満足の泣尺源流岩魚、とても奇麗で問題有りません]

 
                     [釣れ上がる岩魚は皆良型で奇麗なニッコウ系の岩魚でした]

 
      [左のfuku@jiさんは軽やかですが、私は・・・]      [fuku@jiさん、遠すぎて見えない、でも極楽でしたネ〜!]

何か事が上手く運び過ぎて気抜けした感が有りますが、無事源流域の岩魚はまこと健康なニッコウ系岩魚である事も確認出来ました。
源流河川名を伏せる都合上、敢て園名は載せませんがスタッフの皆さん方大変ありがとうございました、ここにお礼申し上げます。

お手伝いして頂いたfuku@jiさんはこの場より金精峠を抜けて戻るとの事、直ぐの再会にお別れと成りました、私より一回り近くの
年齢ですが、正直私より達者です、今日1日大変楽しく過ごす事が出来ました事、お礼申し上げます。
いつもながら私に力を貸してくれるoldflymanさんに運転して頂きお土産を物色しながら帰路に着きました。
1日お付き合いして頂きありがとうございました、そしてお疲れ様でした。



inserted by FC2 system