【交雑種岩魚(俗名モドキ)顛末日記綴り、命名「荒砥岩魚」

出 撃 日  年度釣果数     累計数 その他 
 平成18年06月25日(日曜日
 平成18年07月22日(土曜日)
 平成18年07月30日(日曜日
 平成18年08月06日(日曜日
 平成18年09月02日(土曜日)    80         80
 平成19年03月31日(土曜日)
 平成19年05月13日(日曜日
 平成19年06月24日(日曜日
 平成19年08月16日(木曜日)    76        156
 平成20年06月01日(日曜日    41        197
 平成21年05月10日(日曜日    15        212 交雑種検体を川場養魚センターさんに3匹預けました。
 平成21年09月06日(日曜日     2        214 正常岩魚検体を川場養魚センターさんに4匹預けました。
 平成22年03月吉日 DNA鑑定の件 川場養魚センターさんより鑑定結果を頂きました。
 平成22年07月11日(日曜日     7        221



平成21年度においてこの交雑岩魚の解明について
「群馬県水産試験場 川場養魚センター」様に
無理を承知の上で協力を依頼致しました。


群馬県片品村流域に注して居ります沢にて近年見た事のない斑紋の岩魚が釣り上がる様に成りました。
私はこの種を「岩魚モドキ」と俗名しこの支流の生態系改善に着手し平成18年から採捕を始めました。
賛同してくれた釣り仲間の皆さんの協力も得て現在に至って居ります、しかしこの種が一体何の鱒属との
交雑なのか不明であります。
今までにブルックやブラウンなどの交配説など色々上がりましたが全く定かでは有りません。
源頭部にて何者かが密放流し交配して出来たものなのか?または突然変種なのか?それも定かでは有りません。
そこで群馬県水産試験場にDNA鑑定の協力をお願いした次第です。

*この件に付きまして平成22年3月にDNA鑑定の結果を頂きました、無理をお聞き頂き大変有り難うございました。

詳細はこの文字をクリックして頂きますとDNA鑑定結果に移ります。


inserted by FC2 system