平成28年9月25日 【日曜日

先週群馬県の渓が幕閉めと成りほっとしたのも束の間、今期の閉めに再びチャンスが訪れた、夜遅くまで頑張った褒美かも知れない。
そんな中でお付き合いして下さいましたのは釣り友「練馬の矢野さん」です、暫く体を壊していたのですがリハビリを兼ねて
今日一緒となりました、本日を持って今期は竿を納める事となりますが、また来期雪代が納まるであろう頃まで仕事に勤しみます。

毎年群馬や他県で納竿の儀を「oldflymanさん」と共に竿を納めていたのですが、今期に至っては諸事情で私の都合が合わせられず、
同行が叶いませんでした、しかし来期は必ずまたご一緒が出来るよう頑張りたいと思っております。

そしてほぼ恒例化した?他県での納竿の儀も私お気に入りの薮沢で納めることが叶いました、今回はおまけに未踏域の散策も入れ
充実した一日をリョウちゃんと過ごすことが出来ました。
まず久々に好天です、しかも山奥だと言うのに朝から暑いです、二人してウエーダーを持ってきたのですがやめました。

向かうはいきなり激薮です、現着第一投目をリョウちゃんが駄目元で鉤を落とします、いきなり良型の岩魚が!
こんな時って後が続かないのが通説なんですが、その後もジンクスとは逆に各ポイントから岩魚が現れ続けてくれました。
激薮桃源郷とはこのような流れなのでしょうネ、八寸九寸をメインに私達の竿の撓りが止まりませんでした。
源頭近くまで釣り上がり珈琲を淹れ、まったりの時間を取り満足の下山ですが、今日はこのあと新規沢散策が待っています。
正直このまま帰っても良いと思うくらいの満足感がありましたが、今後のことも考え未踏域への踏入を敢行したのでした。

GPSを頼りにリョウちゃん主導で向かいます、本流を渡渉し目指す支沢へ辿り着きました、そこは悠々の沢でちゃら瀬及び平瀬から
落ち込みまで満遍なく点在し毛鉤向きな場所が多々見られます、ただ所々がV字峡なので豪雨時には注意が必要です。
本流同様渋いと思っていたこの支沢の流れからも共に良き型の岩魚を見ることが出来ました。
今日は早速に型物を立て続けに見ているので更に奥域は中止としまたの楽しみにと撤収いたしました、何と贅沢でしょうかネ。
そう今日はこれで良いのです、私はあの薮沢が訪れる度に密度を増し憂いを育ませていることに満足しているのです。
ここは群馬ではありませんが大水で壊滅した第二の「雅の峪」と言っても過言ではありません、激薮ですけどネ。

本来私の釣りは薮沢の釣り、そんな薮沢から驚くような型物の岩魚が現れてくれたなら釣り人冥に尽きます。
本流域に負けぬツブ揃いの岩魚達を目の当たりに見たとき、言い知れぬ満足感に浸れるのです、個人の見解です!

今期はこれで終演となりますが、時間を見つけられたなら時々里山源流散策にでも行きたいです。

  
                       【私とっておきの薮沢にて、リョウちゃんもスーパー提灯で臨んでおります】

  
                   【嬉しいですよネ、こんな細い流れから無垢な岩魚達は屈託なく出てくれます、感謝です】

 
                                   【素晴らしい景観です、まさに薮源流!】

  
                           【リョウちゃん狙い目通りの良型岩魚、流石ですヨ】

 
                           【誰かの竿が見えますネ〜、多分釣れたと思うのですが!】

  
            【リョウちゃん、渾身の水中撮影!】                        【私、今日一の逞しい岩魚君!】

  
                         【新規散策沢でお互いのお気に入り写真、上が開けた良き沢でした】

練馬のリョウさん、今期の締めにお付き合い下さり、ありがとうございました、また来期共に巡りましょう。


inserted by FC2 system