平成29年4月23日 【日曜日

本日は釣り友「ミサちゃん」の解禁と言うことでご一緒させていただきました。
私も彼も共に餌釣りで100%リリース主義ですが全く釣りスタイルが異なります、彼は長仕掛けで器用に振り廻すのが得意です、そして長短上手く操ります。
斯く言う私は何処へ出向いてもどんな流れでもいつもと変わらぬ仕掛けを使い提灯釣り一本で挑んでいます、バカの一つ覚えを絵に描くように・・・!

今期の釣りは2回とも雪と雨にたたられ楽しい釣りも幾分気持ちが削がれておりますが、 どうやら今日は雨具の必要もなさそうです。
そんな好天気に恵まれた本日は群馬のとある溪に出向いて参りました。

釣り談議に花を咲かせながら黙々と目的の流れに向かいます、どうやら残雪もなく釣りに専念できそうです。
そしていよいよにミサちゃんの解禁の幕開けです、暫くは思うに任されない釣りが続いていましたが、レギュラーサイズが掛かってからは
タガが外れたように釣果を見ています。
私は8寸をしつこく見ているとミサちゃんは良きポイントから結構なサイズの岩魚を上げていました、計ってみたら32Cm!う〜ん流石です。
その後も泣き尺を上げ源頭近くで撤収と致しました、実に嬉しい解禁釣行となりました。

麓まで降りてきたもののまだ午前9時・・・如何せん帰るにはまだ早過ぎます、そこで過去に一度だけ覗く程度に入った流れに時間潰しの竿出しをと挑んでみました。
ここでの成果は私の出だしの1尾に始まり、撤退寸前のミサちゃんの1尾で撤収となりました、それこそは抜群の溪相に騙されながら魚止めまで進んでしまいました。
恐らく水質に難がありと見受けられます、素晴らしい連続のポイントに釣り人は弱いものなんですネ、痛感しました。

  
                      【初陣のミサちゃん、1尾釣れればそれで良いと言っては見たものの!】

  
                               【なんだかんだとレギュラーサイズを釣り上げ・・・!】

  
                               【こんな所から引き抜き、計ってみれば32cmも!】

              
                        【本日の私はこのサイズの子にモテ遊ばれておりました!】

  
                                【ミサちゃん、いなしております、この泣き尺君を!】

 
      【時間潰しで入った素晴らしい落ち込みの連続する渓、ただ岩魚君は激薄かった!左から注している流れで昼食としました】

ミサちゃん、また機会を合わせて出かけましょう。

inserted by FC2 system