平成29年7月16日 【日曜日】

本日は里山源流巡りの一環のホームリバー散策と「太平楽な日々」管理人oldflymanさんと決めました、そして同行者が今一人、練馬のリョウさんです。
彼は前日単独でとある渓に入り思いも依らぬ大物を手にしていたのでした、しかも居てはいけない流れにそ奴は居たそうで上げてみれば43cmもあったそうです。
あまりの引きにワクワクしながら格闘し水面から引き上げる時、ちらりと見えたまさかの斑点が・・・そ奴の正体は外道の虹鱒だったとか!
そんなすったもんだがありましたが、今日は紛れもなく岩魚一本で対峙できる素敵な里山源流です。

天候は思わしくなく入渓するも水位は渇水気味、それでも勝手知ったる我が家ですのでそこそこに岩魚君は相手をしてくれます。
私はと言うと生意気なサイズではなく控え気味なサイズが十把一絡げ状態、なんも不満などございません。
ミーちゃんは尺一寸の旧友と再会できたようで同行の私としても満足です、リョウちゃんもなんだかんだと良型の岩魚と対峙、結構楽しんでいました。

こんな素晴らしい流れが明日の仕事の糧となるのは当たり前でしかも午後には帰路に着けると言うから「日曜釣り人」にとってこの上ない幸せです。
もう本当に若くない己を騙しながら遡行するのではなく、分に合った遡行に終始するのも安心安全な日曜の大人の遠足でしょうか。
ノンアルにホルモン焼きと素麺、食してご機嫌なのは皆同じかと。

   
                                          【各々の釣り姿】

   
                                                          【ミーちゃんは尺一寸の岩魚君と再会】

   
                                    【それにしても良き型ですネ〜!】

   
                    【碧の天然林の間隙に佇む時、釣り人冥利と感じるのは私だけでは無いでしょう!】

oldflymanさん、練馬のリョウさん、お付き合いありがとうございました、またどこぞの流れで共に竿を出しましょう。


inserted by FC2 system