平成29年9月10日 【日曜日

 源流域の岩魚を持ち帰るのは極力控えましょう、但しデジカメ内なら根こそぎお持ち帰り下さい。

本日は練馬のリョウさんとの二人での釣行です。

天気は全く問題ないとのことなので安心して何処へでも出かけられます、既に禁漁が押し迫っていると言うことなのでリョウちゃん未踏域への案内を慣行と成りました。
落ち合うまで踏み入る目的の渓は決まっておりましたが、山女魚が釣り上がるかもしれないと思い出し、急遽未踏域への案内と変わりました。
決して山女魚が嫌いではありません、山女魚好きの方には申し訳ありませんが、対峙する渓魚が岩魚と言う怪魚なだけなんです。
これは流れの最上流域に棲息する魚だからです、その清らかな水の中に棲んでいる岩魚がとにかく好きなんです。
とまぁ同じようなフレーズを毎回のたまっていますが、これは己の凝り固まった偏見と拘りでしかないので悪しからず。

リクエストがありましたので先に書きます、5.1の超硬竿に0.8号ライン一尋、錘は5号、錘から鉤まで5cmと言う変態?仕様です、これで私は何でもござれです!

取り敢えず薄暗い中身支度を整え出撃、そして嫌と言うほど歩き目的の流れに立ちました。
暫くお互いの竿先は沈黙状態、そしてここぞという流れに期待を込めリョウちゃんを案内致します。
テンポ良く共に歩み出しむらなく交互に竿を出して行きました、共にこの時季にしては優と思わざる釣果に見舞われ満足の釣りを楽しむことができました。
リョウちゃんは八寸強を筆頭に満遍なく釣り上げ申し分のない釣りが叶いました、私としてはまぐれが続き尺二尾に九寸八寸諸々と・・・!
そして最後の最後に絶対いないであろう流れからリョウちゃんが渾身の一寸岩魚を、私としてはこれが一番嬉しかったです、何故って、
それは自身の経験では棲まないと踏んだいた場所に居たからです、まさに奇跡、子が居ると言うことは・・・。

   
                                   【こうして糸を垂れている時が一番の幸せです】

   
                                   【お互い良き型物に恵まれました,上々です】

   
                               【まさに雑踏を逃れ無の空間に足を踏み入れております!】

   
            【左のこの子は尺こそ優に超えていますが痩せています、右の子は尺一寸、ダイエットが必要なくらい重かった!】

   
                  【良き渓畔林ですネ】                                【半恒例化のミラー写真!】

退渓点もリョウちゃんが目ざとく見つけた踏み痕から思わぬ楽が出来ました、来るのは来たけれど嫌だナ〜と思っていたので本当に助かりました。
本日は出来過ぎのようでした、本来この時季は喰い渋りが定番なのですが良く釣り上がってくれました、やはり片品界隈は素晴らしい流れが多いです。
昼もリョウちゃん仕様の冷やし中華に舌鼓が打てました、ありがとうございました、そして事故もなく家路に着くことができました。

今日は未踏域での同行とても楽しかったです、また機会を合わせて出かけましょう。

inserted by FC2 system