平成29年10月8日 【日曜日

まず最初に集合写真を撮り忘れました、申し訳ありません、参加いただいた皆さんは今回冒頭に列名させていただきます、順不同です。

練馬からこの地まで快く清掃にきて下さる、矢野さん。   足蹴く参加いただいている釣り友の宮さん、
頼りになる「川越渓美隊」からノブ隊長とオマタさんとその息子さん、小さくともこの体験は貴重ですよネ。 
ここ数回参加をいただいている熊谷の高橋さん、飲料水の差し入れありがとうございました。
このHPを見て昨年から参加を決めていた富士見市の土屋さん、昨年は中止で申し訳ありませんでした。
そして縁の下の力持ち的存在の「太平楽な日々」管理人oldflymanさん、今回はシチューの炊き出しをありがとうございました。
私を含め9人の猛者に集っていただきました。

片品村役場駐車場に午前8時30分頃に集合しそのまま東小川の林道まで向かいました、本日はとても暖かく山間でもまるで夏のようです。
現場に到着し各自崖下に降り立ち捨てられている不法ゴミを崖の中段に拾いまとめました。
やはり家庭ゴミとタイヤ、電子レンジその他お馴染みのビンやペットボトルと小さいゴミは土嚢袋に入れ纏めます。
大物はロープにて引っ張り上げます、一番重かったのは40s位あったモーターでした、これは捨てるだけでも難儀な筈です。
ほぼこの場所が片付いたと思ったらここにもあるよと少し離れた場所から声が掛かり一同向かいました。
ここでもやはりタイヤやベッドの生活ゴミ、それにビニールハウスの骨格に使う鉄が結構ありました。
皆さんここでも上手く纏め引っ張り上げ、3時間弱でこの林道沿いの不法投棄ゴミは清掃が済みました。

この地を清掃して思いました、この様々な汚いゴミが溶け出て浸透し近くの小さな沢に湧き出すことが未然に防げて良かったと今更に思います。
これらのゴミはわざわざ遠くから来て捨てられたものではありません、ましてや普通の人はこんな林道が有ることすら存じていないと思います。
完全なる地域ゴミなのです、このことを地域の方々に知らしめ秩序を持って行動をして頂けるよう切に願わざるを得ません。

地域外から環境美化のために集い清掃するこのような活動がもう10年も続いています。
果たして片品村に住んでいる人々の中でこの活動を存じている方がいるのかも不透明です、私は見返りはただ一つ望んでいます。
それは地域の方々の環境保護意識の高まりです、このことに一石を投じられたなら本望です。


                                 それでは皆さんの活動内容を見ていただきたいと思います。

   
               【林道沿いに集結し身支度】                         【下に降り大物小物を纏め、中段に集めます】

   
               【ロープを用意しておきます】                              【各々拾い集めています】

   
           【必ずあるタイヤ、何とかならないかと!】                  【オマタさんの息子さん、タイヤ転がして移動しています】

   
             【ある程度纏められた不法投棄ゴミ】                          【それらを引き上げています】

   
              【第二現場のゴミを纏めている所】                        【同じように纏めたものを引き上げます】

   
     【第一現場の不法投棄ゴミ、右端のモーターが曲者でした】                     【第二現場の不法投棄ゴミ】

両方合わせて推定0.8トンのゴミを確保できました、後は片品村役場の方に連絡を入れ回収していただきます。

その後いつもの東屋で昼食と成り解散しましたが、皆さん本当にありがとうございました。
同じ志が集まるとこれほどまでにも強くなるのは分かっていますが殊更に感心致します。
また来期に何処かのほとりで集いましょう、お疲れ様でした。


inserted by FC2 system