平成30年9月23日 【日曜日】 2018


利根が閉まり残すは新潟、いつもは藪沢と支流で閉まるのですが今回はoldflymanさんが昔ホームとしていた溪の傍の源流域に赴くことと成りました。
私も六年ほど前にミーちゃんと子持ちのFCさんと三人で赴いた場所、記憶は曖昧ですが一度踏み入った流れですので気持ち良く連れて行ってもらいました。
確か上流に向かうほど型が良くなる真の源流態系を為していることを覚えています、結果はその通りでした。

何時もより二時間ばかりのんびりと現地に到着、身支度を整え溪口に到着、しかしここで波乱が、大水で降り口が崩れていました。
自然の猛威の凄さを改めて見せつけられましたネ〜! やむなく下流からの降下で進入、そしていよいよ今期最後の釣りに挑みます。

当初の読み通り暫く岩魚の気配が薄く心配もしましたが思惑の地点からはポイント毎の魚信が出始め、共に今期の最終釣行に相応しい釣りを楽しめました。
途中ナメコを見付け帰りに拝借してきました、私キノコの同定はできませんが「ハナビラタケとナメコと霊芝」だけは分かるのです(笑)
源流に近ずくにつれ私も泣き尺を絡め満足の釣果を得ました、ミーちゃんは良き型の連発で最後の一投を尺で決め気持ち良く撤収といたしました。

途中コナラの葉に綺麗な実が幾つも付いていたのを見て不思議と思い調べてみましたが思いも寄らぬものでした、だってコナラにはどんぐりですよネ!
まさかそれが虫こぶとは驚きでした、とても美味しそうな色をしていてまるでイクラの大玉のようでした!

そんな訳で今回は昼食も溪の中で済ませ、怪我もなく車止めまで戻ることが出来ました。
今期の最終釣行は天候と言い釣果と言い大満足の遡行でした、ましてや他の釣り人に遭遇せずまったりと楽しむことが出来ました。

   


   


         


   
                 【美味しかったナメコ】                        【この葉の上の綺麗な丸い球が虫こぶとは驚きでした!】

   
                                    【ミーちゃんは上げるもの殆ど良型!】

   
                               【驚きの引きとは裏腹な可愛い岩魚君に苦笑いな私!】

   
                       【私最後の泣き尺とその上の流れで釣り上げたミーちゃんの尺で今期は締めました】

                           
                                     【恒例化のカーブミラー撮り、まさに記念!】

また来期の幕開けをのんびりと待ちましょう、oldflymanさん今シーズンも多くのサポートを頂きありがとうございました、またご一緒致しましょう。


inserted by FC2 system